メンタルケア心理士講座ランキング

メンタルケア心理士講座ランキング

メンタルケア心理士は心の病気を持つ患者さんの診療(カウンセリング)を行い、治療を行う医師と患者さんの架け橋なる役割を担います!

 

学歴による受験制限がなく、誰でも資格取得にチャレンジできます!

文部科学省管轄財団の(財)生涯学習開発財団から認定された権威ある資格です!

社会人や主婦の方でも取得しやすい在宅学習です!

メンタルケア学術学会が日本学術会議指定研究団体に加わりました!

 

初学者のメンタルケアカウンセラー、メンタルケア心理士、上級資格のメンタルケア心理専門士まで段階的に学べるフルパックの講座です。別々に講座を受講するよりも31,000円もお得なセットで上級資格まで一気に習得しましょう!

無料資料請求

 

初学者のメンタルケアカウンセラー、メンタルケア心理士両方の資格が取得できます。別々に講座を受講するよりも15,000円もお得なセットでWライセンスを狙いましょう!

無料資料請求

 

メンタルケア心理士の単独の資格取得を目指す講座です。初学者のメンタルケアカウンセラーの資格を取得しなくとも、いきなりメンタルケア心理士から挑戦できます。じっくりと自分のペースで学ばれたい方には最適です!

無料資料請求

 

 

 

似たような資格が多いのですが、メンタルケア心理士の資格を取るには学会指定教育機関(たのまなヒューマンアカデミーなど)の講座を受講する必要があります。私もこちらの講座を受講し、見事合格しておりますので間違いありません。

 

 

もしかしたら近い将来、国家資格になる可能性も考えられます。合格しやすい今のうちに是非とも取っておきたい資格の一つですね!


 

メンタルケア心理士の資格を取りたいけど勉強方法が分からない。
そんな方もいらっしゃると思いますが、ここではその方法をお伝えします。
メンタルケア心理士の勉強方法のポイントは、何を勉強するか、そしてどうやって勉強するかです。

 

メンタルケア心理士は何を勉強するか?

メンタルケア心理士の受験で何を勉強するか、それは調べればすぐに分かります。
大きく分けて二つ、「学科試験」と「文章作成」です。
学科試験は、記号を選択する回答方式が多いので、この点を意識した勉強が必要になります。
文章作成は、あるテーマが与えられ、そのテーマに沿って800字程度で文章を書くことが要求されますので、どんなテーマでもまとまった論述ができるよう訓練しておかなければなりません。
学科試験は回答方式が記号の選択であり、とても簡単な印象を受けますが、出題される内容は、カウンセリングの基礎知識をはじめ、精神医科学、精神解剖生理学など専門的かつ多岐にわたるものであり、普段の勉強でしっかりと専門知識を頭に入れておく必要があります。
この点は、過去問など出題傾向をとらえながら勉強しておくこと、また勉強するときは模擬試験をイメージしながら行うようにするといいでしょう。
普段の勉強でいかに実際の試験を想定できるか、そこが大きな鍵になるでしょう。

 

メンタルケア心理士はどのように勉強すべきか?

次に、メンタルケア心理士の試験勉強をどのように行うかを考えてみましょう。
ここでは大学を卒業していない人が資格を取得する場合を考えますが、この場合は必ずメンタルケア心理士の認定講座を受講しなければなりません。
この認定講座を受講する方法は二つあり、通学と通信があります。
通学はスクールに通って試験勉強を行う方法、通信は在宅で勉強を行うことです。
このどちらにするかという選択になりますが、おすすめしたいのは通信講座のほうです。
特に、ヒューマンアカデミーの通信講座はとても有効です。
通信なら、周囲に煩わされることもなく自宅で自分のペースで試験勉強に集中できますし、通学するための時間も手間もかかりません。
加えてヒューマンアカデミー通信講座なら、講座内容の疑問点は電話やFAXで何度でも質問することが可能、受講後サポートも万全で、開業支援やその情報とアドバイスを受けることができます。
ついでに、通信講座とはいってもヒューマンアカデミーの場合はDVD講座も用意されており、映像を使ってリアルな学習ができるようにも工夫がなされています。